HOME単組・地域の取り組み

2008/10/7 火曜日

[自治労枚方市共闘労働組合] 手作りのソフトバレーボール大会を開催

カテゴリー: 元気情報Box — 編集部 @ 0:00:28

組合員が汗を流して親睦を深めたソフトバレーボール大会

 2008年9月10日の業務終了後、自治労枚方市共闘労働組合(以下、自治労枚方市共闘)は、枚方市総合体育館で女性組合員を対象にしたソフトバレーボール大会を開催しました。この大会は毎年開催しており、審判なども含めて自治労枚方市共闘の執行委員と協力スタッフで運営しています。

親しみやすい球技-ソフトバレーボール

 ソフトバレーボール(※)は、名前のとおりやわらかいボールでプレーします。だれでもバレーボールを楽しめるようにと考案された球技です。基本的なルールは6人制バレーボールと同じですが、ソフトバレーボールは1チーム4人、計8人(2チーム)で試合をします。

ソフトバレーボール大会の風景 ソフトバレーボール大会の風景

きずなをつないだ労働組合、親睦を深めた球技大会

 今大会には、保育所から4チームと留守家庭指導員チームの5チームが参加してくれました。
 開会式では津田執行委員長(自治労枚方市共闘)が「ケガに気をつけて楽しんでください」とあいさつし、みんなで準備体操をしてから5チームが総当たりで試合をしました。

 参加チームのメンバーは、一日の疲れを忘れて元気いっぱいにソフトバレーボールに取り組みました。体育館には参加者のお子さんや家族も応援にかけつけられ、閉館間際まで活気にあふれていました。

津田執行委員長は「今後も幅広く、組合員同士が交流できる取り組みを企画したい」と話され、和やかな雰囲気のなかで、ソフトバレーボールを通して親睦を深めることができた大会でした。

※ソフトバレーボール
詳しくは「日本ソフトバレーボール連盟」のホームページなどをご参照ください。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード トラックバック URL

コメントをどうぞ

You must be logged in to post a comment.