HOME単組・地域の取り組み

2008/5/18 日曜日

FORZA現業/「ふれあいつながる一般公開」(大阪市津守下水処理場)

カテゴリー: 元気情報Box — 編集部 @ 23:00:34

 こんにちは、自治労大阪の現業対策部です。
 自治体現業現場でがんばる仲間の話題を、お伝えしたいと思います。第1弾は、大阪市津守下水処理場に行ってきました。

地域がふれあう「アクアランド・フェスタ つつじの公開」(4月29日)

 大阪市津守下水処理場では、毎年つつじの花が咲くこの時期に、下水処理場がはたす役割の重要性を感じてもらう活動の一環として「アクアランド・フェスタ つつじの公開」(以下フェスタ)を開催しています。

津守下水処理場の正門、つつじの花が咲いています。

 これまでの一般公開は行政からの一方通行でしたが、2年前からは、自治体現場に働く職員と来場者がふれあうことによって、下水処理場を身近に感じてもらうことのできるイベントとして開催され、さまざまなブースが出展していました。
 ブースの出展にあたっては、西成区現業職場事業所等連絡会議から西成区の各局・各課・各事業所の現業の仲間に出展をお願いされているそうです。

こんなブースが出展されています(一部抜粋)

下水管調査用のテレビカメラ車で説明中  緑化相談コーナーごみの分別について説明中    ごみの収集体験

「フェスタ」を通じて、めざしているものは?

 従来の一般公開はいわば行政の一方通行でした。来場された市民の方に対して積極的に交流が出来なかったので、2年前から地域の方との交流を意識した一般公開にかえています。今後は、地域で活動する市民グループの方などにも参加していただき、地域の憩いの場として楽しく過ごしてもらえるイベントにしたいと考えています。多くの市民の方に来ていただくことも重要だし大切ですが、長い時間イベントを楽しんでいただくことのできる市民主体の内容にしていきたいと思っています。

大事なものは、地域にくらす人とのつながり

 西成区内のそれぞれの現場で働くみなさんが、自分の携わっている仕事をPRするブースを開き、市民に丁寧に説明しておられるのを見て、自治体現場の職員は市民の方と直接つながりを持つことが重要だとあらためて感じました。

(※) 「FORZA 現業」 とは
 「FORZA(フォルツァ)」は、「がんばれ」という意味のイタリア語です。また「強さ」という意味もあって、現業職場で働くみなさんに、「がんばろう」という応援する意味と、そのひたむきな「強さ」を感じてもらえるように、このコラムの名前を「FORZA 現業」としました。
 ご愛読ありがとうございます。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード トラックバック URL

コメントをどうぞ

You must be logged in to post a comment.