HOME自治労大阪News

2017/4/26 水曜日

法定協の再設置提案に抗議/住民投票阻止にむけ意思統一

Filed under: 活動報告 — 編集部 @ 16:29:23

 「大阪市の廃止分割を絶対にさせてはならない。それには法定協の立ち上げを阻止することが重要だ」。山口府本部委員長は、集会参加者に対し力強く訴えました。自治労大阪府本部は、8日、大阪市内で集会を開き、法定協議会再設置提案に抗議するとともに、再度の住民投票の阻止にむけ意思統一を行いました。集会には、36単組210人が参加し、大阪の自治を守るたたかいにむけ気勢をあげました。

 大阪市廃止分割構想いわゆる都構想の議論のテーブルとなる法定協議会の設置は、2月議会で府市両議会ともに継続審議となりました。府市両首長および大阪維新の会は、法定協議会再設置にむけ5月議会でも提案する方向を示しています。あいさつした山口委員長は「まずは法定協議会を設置させない取り組みを強化する」と参加者に訴えています。大阪では、2019年に政治決戦のヤマ場をむかえます。「私たちの最終目標は3度目のW選(府知事選・大阪市長選)。これに勝利し、維新政治に終止符を打つ」と決意を述べました。

 9月には、大阪の政治の流れを大きく左右する堺市長選挙があります。法定協設置阻止に加えて、堺市長選も見据え、4月と5月は大変重要な時期となります。「あらゆる取り組みを全力で進める」と山口委員長は参加者に結集を呼びかけました。

 前回の住民投票から、もうすぐ2年をむかえます。大阪市を二分した史上最大規模の住民投票は、わずかな差で「反対」が上回りました。今回、法定協議会の再設置を提案した維新の会は、住民投票の結果で反対という判断が出たにも関わらず、住民の意思を尊重するつもりはありません。英国の住民投票では、結果が僅差であったが住民投票の結果を受け止め、EUからの離脱を決めています。

 府本部は、この集会を契機に法定協議会再設置反対の声をいっそう強めます。連帯のあいさつにかけつけた辻元衆議院議員は、「2年前の住民投票の時のふんばりをもう一度発揮してほしい」と述べ、今後のたたかいにむけエールを送りました。

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

You must be logged in to post a comment.