HOME自治労大阪News

2017/2/15 水曜日

バスも渡船も元気やで!/大正区での地域包括ケアシステム

Filed under: 活動報告 — 編集部 @ 10:53:06

 10年たっても元気やでプロジェクト(元気やでプロジェクト)は、3日、大阪市大正区で実際に歩き、交通機関に乗るなどしながら見学する取り組み「さぁ歩こう!バスも渡船も一緒に元気やで!」を開きました。参加者は、交通(バス・渡船)の拠点(バス停・渡船場)のまわりに、どんな社会資源があるか、同プロジェクト作成の地図(2面)を参照しながら歩きました。参加者は、42人。この取り組みには他府県からの参加もありました。

 地域包括ケアシステム構築にむけた取り組みは、地域の社会資源を把握することが不可欠です。とくに高齢になり移動が困難になると、たちまち交通困難や買い物困難に陥ります。これは地方に限ったことではなく、都心部でも深刻な課題となっています。また、高齢者に限らず子育てをするにも、地域の社会資源の有無はとても重要となっています。参加者は、公共交通が地域の社会資源をつなぐ役割を果たし、市民の欠かせない足となっていることをフィールドワークをとおして実感しました。

バスには車いす用のスロープが設置されている 
バスには車いす用のスロープが設置されている
大阪市内には渡船が8か所あり、大正区でも市民に欠かせない交通機関となっている 
大阪市内には渡船が8か所あり、大正区でも市民に欠かせない交通機関となっている

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

You must be logged in to post a comment.