HOME自治労大阪News

2014/8/21 木曜日

[地連スポーツ大会] 軟式野球:寝屋川 全国大会出場決める/バレーボール:大阪決戦 豊中が制す

Filed under: 活動報告 — 編集部 @ 21:59:40

大阪市職は惜しくも2位

8月4日~5日にかけて京都府京都市で自治労スポーツ大会近畿地連大会が開かれ、大阪から軟式野球1チーム、バレーボール2チームの合計3チームが出場。

軟式野球の部では、自治労寝屋川チームが決勝で神戸市従チーム相手に惜しくも敗れるものの、昨年の大会で全国大会への出場権を得た神戸市従との決勝戦であったため、準優勝ながら全国大会への出場権を得ました。敢闘賞は、小谷選手が獲得。

決勝戦では、神戸市従に惜敗したが全国大会への切符を得た自治労寝屋川チーム
決勝戦では、神戸市従に惜敗したが
全国大会への切符を得た自治労寝屋川チーム

バレーボールの部では、大阪勢が健闘し、決勝戦で大阪市職チーム対豊中市職チームとの大阪決戦となりました。結果は、昨年の全国大会で準優勝をおさめた豊中市職チームが大阪市職チームの追随を許さず、11連覇となる優勝を果たしました。この結果、豊中市職は、来年行われる全国大会への切符を手にしました。また、最優秀選手には、坂梨選手が選ばれました。

2004年から11連覇となる近畿地連大会優勝の成績をおさめた豊中市職チーム
2004年から11連覇となる近畿地連大会優勝の
成績をおさめた豊中市職チーム

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

You must be logged in to post a comment.