HOME単組・地域の取り組み

2016/3/25 金曜日

交野自立センター労働組合:障害者の自立を支援「その人の人生を左右させる責任のある仕事なんです」

カテゴリー: 活動報告 — 編集部 @ 15:04:10

交野自立センター労働組合(以下、交野自立労組)は、障害があり支援が必要な人に、就労や自立をするための訓練を行う、大阪府肢体不自由者協会・交野自立センター、交野自立センター通所部、相談支援センターかたの、大肢協交野ヘルプサービス、大肢協コミュニティホームズ交野、障害者相談支援センターかたので組織された、60人の組合です。

「その人の人生を左右させる責任のある仕事なんです」と語るのは、交野自立労組の中本達也執行委員長。

同施設では就労支援などをはじめとした、障害を持つ方への自立をサポートすることが主な業務となっています。現在、80人を超える人が在籍しており、うち20人は寮生活をしています。入寮している人は、さまざまな事情を抱えており、将来、グループホームや一人で生活できるよう、日々トレーニングを行っています。

ここでは2011年4月より、「おり姫ベーカリー」を立ち上げ、パンを焼き、販売する作業を行っています。現在、この作業が利用者の工賃を支える大きな柱となっています。できあがったパンは、市役所、公共施設、学校、老人ホームなどで販売されています。
パン事業に乗り出したのは、基幹となる大きな仕事がなくなったのが始まりです。新たなパン焼成事業を立ち上げるにあたり、大手パンメーカーの山崎製パン株式会社の協力を得ることができました。まったく初心者の職員は1週間の研修を受け、利用者と一緒にパンを焼くことができました。当時を振り返り中本さんは「(研修は)本当にきつかったですよ」と笑顔で語りました。現在では事業も軌道に乗り、1日に1000個近い数を作る日もあります。しかしパンの売上は思うように上がらず、「販路の拡大と新たな作業種目の開拓が急務」としています。

1日1000個近く作ることも

すべては利用者のため
組合員全員の努力で発展めざす

同センターでは、軽作業も行っています。利用者には出勤率や作業能力などに応じて工賃を支給しています。中本さんは「大阪府は全国に比べ、工賃が低い。自立センターもまだまだ低い状況」と述べ、これを少しでも引き上げていくことが大きな課題と認識しています。

利用者は就職や生活の場が見つかれば施設を退所します。中には就職したものの離職してしまう人も。同センターでは、悩んだり困ったりしたときに相談ができるように訓練を重ねています。中本さんは「たとえ障害を抱えていても、社会に出ると一人の大人として扱われることが多い」と述べ、困難に対処できる力を身につけられるよう、日々支援を行っています。

業務では大変なこともたくさんあるが、「すべては利用者のため」と組合員全員でがんばっている。交野自立労組では、組合員の離職がとても少ない。中本さんは「大変だからこそ、快適な職場にするために経営側と熱い激論を交わしている」と述べました。先般の団体交渉では組合員の団結で、非常勤職員から正規職員への転換を勝ち取っています。

中本さんはサービス管理責任者として後輩への指導にも熱心です。資格取得に向けて自己研鑚にも努めています。中本さんは最後に「(センターには)組合が必要です。組合を発展させることで、利用者さんの権利を守り成長につなげていくことができる」と力強く語りました。

利用者は、困難に立ちむかえるよう訓練を重ねている

 

2015/3/18 水曜日

大切やで!「労働組合」/太子・千早合同新人研修で見聞広げる

カテゴリー: 元気情報Box,活動報告 — 編集部 @ 12:06:18

太子町職および千早赤阪村職は、2月21日、大阪市内で合同新人研修を開きました。研修には、両単組あわせ6人が参加。参加者は、労働組合の大切さや「自治体にとっての人権」などの講義をうけ、自治体職員として幅広い知識を得ました。

高橋府本部書記長は、目標をもって楽しく業務を行うことが一番大切であるとし「自分の仕事の役割、働き方など、常に考えながら仕事をしてほしい」と訴えました。

町村単組では賃金体系や労働条件が都市単組とは若干異なる部分もあり、これらの現状を把握するため、組合員ノートを活用し、賃金や、勤務条件を府下の市町村と比較しました。参加者からは「組合活動の大切さを感じることができた。学んだことを今後活かしていきたい」と語りました。

太子町職、千早赤阪村職 新入職員に対し、講演する高橋書記長(写真左)
新制度の説明も行われ、参加者からは活発な意見交換が行われた

 

現場力でサービス改革/組合政策リーフで取り組み紹介

カテゴリー: 元気情報Box,活動報告 — 編集部 @ 11:59:02

大阪交通労働組合(大交)は、2月20日、大阪市営地下鉄の主要9駅と2つのバスターミナルで、「『現場力』で取り組むサービス改革」をテーマにした組合の政策リーフレットを配布。リーフでは、大阪市営地下鉄やバスの職員による安全・安心・快適な公共交通をめざす取り組みを紹介した。この取り組みでは、リーフレットの他、メッセージ入りの粗品を配布し多くの市民にアピールしました。
これは、自治労大阪都市交評が取り組む「安全・安心・信頼の公営交通確立キャンペーン」(安全・安心・信頼の一声運動)の一環。安全・安心・快適な公共交通サービスの提供には、職員がつくる「現場力」がサービス改革の源泉となっている。例え、機器や情報システムが発達した今日においても、同じです。

職員は、非常の際の対応力も向上させ続けるよう、地下鉄の総合訓練やバスジャック対応訓練など、日々行っており、「サービス」だけではない安心・安全の提供に全力をあげています。

自治労大阪都市交評は、今後も安全・安心・快適な公共交通の確立をめざし、多様な取り組みを強化していきます。

帰宅客にリーフレットを配布し、大交の取り組みを紹介した

2015/3/5 木曜日

北摂ブロック円卓会議:特別区移行、利点なし/北ブロック各首長 一同で課題共有

カテゴリー: 元気情報Box,活動報告 — 編集部 @ 12:02:52

2月23日、北摂ブロックは、吹田市内で北摂ブロック円卓会議を開き、北摂ブロック各自治体首長が一同に会し、自治体が抱える課題 について共有しました。講演した小原隆治早稲田大学教授は、大阪市が仮に特別区制度に移行しても府下市町村には何らメリットはないと指摘しました。

小原教授は、自治・分権の現在と大都市近郊自治体の課題について講演し、都区制度やいわゆる大阪都構想についても言及しました。現在の都区制度を例にして、仮に大阪が大阪市を解体して、特別区制度にしたとしても、うまく運用できるはずがないと指摘。

東京都では、1943年、戦時下に東京市が解体され特別区が設置されました。当時の東京市の職員は、多くの人員が都に移管されまし た。移管した職員は23区内の充実をはかるために奔走。結果、23区を取り巻く衛星都市への資源配分は薄く、三多摩格差と呼ばれる多摩地区と都心の格差が 開くことになりました。小原教授は、大阪でも同じような現象が起きてもおかしくないと言及。現在では、23区で突出した都税を都下自治体に配分される制度 がとられています。

東京では大阪の何倍も税収があるからこそ、この制度が成立すると指摘。大阪では、特別区だけの税収では府下市町村まで配分することは、現実的ではないと説明しました。

最後に、「『制度をいじる』とうまくいくというのは大間違いであると大阪の構想案に苦言を呈しました。

北摂ブロックでは毎年円卓会議を開き、ブロック内首長と意見交換をしている
北摂ブロックでは毎年円卓会議を開き、ブロック内首長と意見交換をしている

2014/11/17 月曜日

北摂ブロック:能勢の棚田で「収穫祭」/自然の恵みに舌鼓

カテゴリー: 元気情報Box,活動報告 — 編集部 @ 0:18:41

 北摂ブロックは、11月2日、大阪府能勢町で環境保全行動「収穫祭」を開き、棚田で取れたお米を使った炊き込みご飯やお餅などが振 る舞われ、参加者は秋の自然の恵みに舌鼓を打ちました。北摂ブロックでは、能勢棚田環境保全行動として、2004年から活動しています。同ブロックの保全 行動では、春の田植え、秋の収穫、収穫を祝う収穫祭を毎年行っています。

この活動は、棚田がある田園風景を後世に伝えようと全国棚田百選に選ばれた能勢町長谷地区で始めました。棚田は、山や谷を切り拓 き、石垣を積み上げ傾斜地に作られた田んぼで、農機具などが使えないため、維持するには体力が必要なことから、後継者不足が顕著に出てきています。この結 果、耕作放棄地が増えてきており、地域の活性化と景観維持のため同ブロックでは棚田を中心とした環境保全活動を積極的に展開しています。

下・北摂ブロック事務局長は「環境保全の取り組みをはじめた頃は、参加者が少なかったが、今ではどの取り組みでも100人近く参加いただいている。この活動を通じて北摂ブロックの絆を強めていきたい」と語りました。

北摂ブロックでは、ブロック総会などで各自治体の地場産品を披露することで北摂地域内の自治の活性化をめざす取り組みが続けられて います。北摂ブロックでは、先人の苦労と努力の結晶である棚田を通じ、「地球規模で考え、地域で行動する」ことを基本とした環境自治体づくりの運動を継続 します。また、北摂ブロックに集う9つの労連は、今後も連携を深める機会として棚田環境保全活動を続けていくとしています。

棚田で行われた収穫祭には100人近い参加者があった
棚田で行われた収穫祭には100人近い参加者があった

2014/10/23 木曜日

大阪狭山市職が広島市安佐南区で災害復旧ボランティア

カテゴリー: 元気情報Box,活動報告 — 編集部 @ 20:14:25

大阪狭山市職は、9月20日、8月の豪雨による甚大な被害を受けた広島市安佐南区で、災害復旧のボランティア活動を行いました。今 回の活動では、土砂崩れ等により被害に遭った民家の泥収集、土のう運搬、がれき撤去に加え、床上浸水した民家の解体(畳、床板の撤去等)を現地ボランティ アとともに作業しました。

汗と泥にまみれながら作業する大阪狭山市職の組合員
汗と泥にまみれながら作業する大阪狭山市職の組合員

大阪狭山市職では、社会貢献活動に関連する事業を推進しており、今回の活動では、大阪狭山市社会福祉協議会から、広島市安佐南区緑 井地区で活動している民間ボランティアセンター「うつろ木」を通じて現地入りしました。被害に遭った安佐南区は、急勾配な山の南側麓に緑井地区、八木地区 があり、さらに平地には幹線道路や鉄道が通っています。被災地では、平地の土砂はほぼ撤去が完了しているが、山麓部の住宅では、人力による土砂の撤去や、 行政による下水道等インフラの復旧作業に日々追われており、少しでも多くのマンパワーを必要としています。

意見交換した地元ボランティアからは「人手が少なく、山の麓は手付かずで、立ち入ることさえ出来なかった。県外からの受け入れが開 始されてからは、ようやく今回のように、山麓部の活動が可能になった」と災害発生直後を振り返り語っています。また、土日は各地から多くの人が来て作業を しているが、平日は数十人程度しか集まらず、復旧までには相当な時間を要する現状にあります。

作業の様子 作業の様子
作業の様子

今回の災害復旧ボランティア活動の参加者からは、広島市安佐南区での被害状況を直接肌で感じ、また、近年いたるところで災害が増えている昨今の状況をふまえ「今後も何らかの社会貢献のために積極的に活動していきたい」と意気込みを語りました。

2014/4/23 水曜日

[中ブロック共闘会議]東日本大震災 住民や支援者の同窓会に参加

カテゴリー: 活動報告 — 編集部 @ 1:28:12

困難を乗り越え笑顔で

当時の思い出やつらかった記憶など時間を忘れるほど語り合った中ブロック共闘会議は、3月20日から23日にかけ、宮城県名取市で東日本大震災発生直後に避難所で一緒になった住民や支援者らの「同窓会」に参加し、共に困難を乗り越えた思い出を語り合いました。

名取市増田中学校は震災発生以降、約3カ月間避難所となり、最大で約500人が暮らしました。同中や名取市の職員をはじめ、大阪などから駆け付けた自治労組合員らが役割分担しながら避難所を運営しました。

同窓会は、名取が丘西集会所で開かれ、地元の約40人、中ブロックの約20人が参加しました。同窓会では、3年前の避難所当時、仮設住宅に入居する事が一番の目標とならざるを得なかったこと、入居後に現実の辛さを知ったこと、各々が当時の思いや現状、辛かった記憶なども含め、笑顔で語り合うことができました。当時、増田中校長だった佐藤さん(62)は避難所運営について「住民、職員、ボランティアが立場を超えて協力し合う力は大きかった」と振り返りました。

交流会では名取の郷土料理が振る舞われ、中ブロック参加者は、自治労大阪大会でも好評であった、河内名物「かすうどん」と「お好み焼き」をお返しに、皆さんに振る舞い、非常に好評でした。

田中・中ブロック事務局長は「不安や悲しみの中でも我慢強く、優しい住民の姿から、支援するわれわれも多くのことを学んだ。あの頃は苦しくて先が全く見えない日々を過ごしていた皆さんの笑顔も、幾分輝きを取り戻していてくれたことにホッとしている。今回の取り組みを行って本当によかった」と語りました。中ブロックは、東日本大震災での支援の経験をふまえ、名取市での交流を続けていくとしています。

同窓会参加者全員で記念写真

2014/4/16 水曜日

[忠岡町職] 清掃活動による地域交流/「ありがとう」が活動の励み

カテゴリー: 元気情報Box,活動報告 — 編集部 @ 14:29:23

「ありがとう、きれいにしてくれて」―と声が掛かることが増えてきたと二重忠岡町職委員長は語る。忠岡町職では、毎月第3木曜日早朝に役場のまわりの清掃活動をすることで、地域との交流をはかっています。

忠岡町は、町立病院の閉院や財政悪化などにより、職員に元気がなくなっていました。このような役場の状況に危機感を持った組合執行部は、小さな町だからこそできることを合言葉に取り組みを始めました。

第1回目は執行部3役の4人からのスタートでありましたが、執行部の声かけや庁舎内での口コミなどで、回を重ねていく間に人数は増え、現在では、20人を超える参加者があります。

「おはようございます」と声かけを行いながら作業を行っている
「おはようございます」と声かけを行いながら作業を行っている

参加者は、役場をスタートし、忠岡駅や役場付近を3コースに分かれごみ袋をいっぱいにして戻ってきます。

二重委員長と藤原書記長に清掃の取り組みについて伺いました。「最初は、犬のフンがたくさん落ちていることが目につき、それを拾う活動をしようというのがきっかけ」と。

生垣など目につかないところまで気を配りながら作業を行うまた、この取り組みが組合の活性化にもつながっており、二重委員長は「若手組合員が積極的に参加してくれるようになり、結果、組合に対して興味を持ってくれるようになった」と笑顔で話しました。

藤原書記長は、役場の職員として、何かしらの地域貢献を行いたいという意識が強いのではないかと分析しています。

参加者は、冬の寒いさなかでありますが、ごみを拾いながら通勤途中の方々に「おはようございます」と元気よく声かけを行っています。その結果、街の人々から頑張ってと声を返してくれることも増えてきており、活動の活力となっています。

参加者は、「清掃に参加することで、街の様子が見えてくる。朝早くからの作業はつらいこともあるが、街がきれいになっていくことで清々しい気持ちになる」と語っています。

忠岡町職は、小さな取り組みであるが継続することに意義があると考えており、最終的には庁舎内全員の参加を目標に取り組みを続けるとしています。

2014/4/9 水曜日

[学給労]鳥からで復興応援/東日本大震災から3年

カテゴリー: 活動報告 — 編集部 @ 15:25:13

大阪市学給労は、3月9日、梅田スカイビルで、震災復興応援イベントに連合大阪の呼びかけに応え、飲食ブースで大阪市の学校給食で食べられている鳥のから揚げを提供しました。

大阪市学給労は、当イベントには毎年参加しており、イベントで鳥のから揚げを食べた人からは、非常においしいと好評を得ています。

参加者からは、とてもおいしいと好評を得ている
参加者からは、とてもおいしいと好評を得ている

2011年の東日本大震災から3年をむかえ、東北や関西で避難生活をされている方々の暮らしは徐々に落ち着きを取り戻しつつあると言われています。しかし、関西で生活をしていると東北の様子が十分に伝わらず、また、関西の避難者が抱えている課題もあまり知られていない現状が見えます。

当イベントは、「忘れない」「おたがいさま」「関西でできること」をコンセプトに毎年開催されています。寺西大阪市学給労委員長は「毎年楽しみにしてくれている人もおり、学校給食調理員が作っているということで安心して食べることができると感想をいただける。組合独自でも被災地支援なども行っているので、食を通じてこのような活動や支援ができることは大変意義深いと感じる」と述べました。